お墓・お葬式

樹木葬の費用&樹木葬を検討する時に注意したいこと

樹木葬は一般的なお墓を比べると費用が安いと言われていますが、実際はどの程度の費用が必要なのでしょうか。お墓や葬儀など人が亡くなる時に行われることの費用に関しては何となく聞きにくい雰囲気がありますが、自分のお墓を探している人や改葬を考えている人にとって費用を把握することは大切なことです。

 

今日は樹木葬の費用と樹木葬を検討するうえで注意したいことをご紹介します。費用を知りたい方や検討している樹木葬がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

1.樹木葬の費用

樹木葬は墓石のお墓を必要としないため、一般的なお墓を建てる時と比べると費用が安いです。樹木葬の費用平均は一人70万円ですが、埋葬スタイルが3タイプありタイプによっても費用が異なります。

 

タイプ①個別埋葬タイプ 20~200万円

故人1名に対して1本ずつ樹木を植えて埋葬するタイプです。お一人様用・ご夫婦用・家族用と人数ごとに区画が用意され、お骨は骨つぼや布袋に入れて他の人のお骨と混ざらないように埋葬します。シンボルとなる樹木は好きなものを選んで植えることができ、明確にお骨の場所がわかるのでお墓参りの際も困りません。樹木葬の中では一番豪華なタイプで、区画の広さやサービスの充実度を運営側で豊富に設定できるため費用の幅が広くなっています。

 

タイプ②合葬タイプ 10~60万円

1本のシンボルツリーの周りに複数人のお骨を埋葬するタイプです。故人同士に血縁関係などの関係性はありませんが、お骨を埋葬する場所は分かれているため他の人のお骨と混ざることはありません。このタイプはシンボルツリーを皆で共有するため自分だけのシンボルツリーを選ぶ・持つことはできませんが、個別埋葬タイプと比べるとその分費用は抑えめです。

 

タイプ③合祀タイプ 10~20万円

1本のシンボルツリーの下に複数人のお骨を一緒に埋葬するタイプです。お骨を埋葬する場所は分かれていないため、他の人とお骨が混ざります。個別スペースがないので樹木葬の中では一番費用を抑えることができます。最初から合祀(ごうし:骨つぼからお骨を取り出し、血縁関係がない他の人のお骨と一緒に1つの場所へ納骨すること)するので、後から手元供養用や改葬のためにお骨を返すことはできなくなります。きちんと家族・親族の理解を得ることが必要です。

 

 

2.樹木葬を検討するうえで注意したいこと

継承者不要で自然と共に眠ることができる魅力的な樹木葬ですが、検討する際に注意したいことがあります。

 

その①植物は季節や年月と共に変化していく

樹木葬を選ぶ人の中には、その場所にある樹木や草花の雰囲気が気に入って契約を決める人も多いと思います。しかし、樹木や草花は生きているものなので、いつもその状態にあるとは限りません。冬の寒い頃には葉を落とし、寂しい景観になるかもしれません。また、成長の段階で枯れてしまうこともあるでしょう。お気に入りの景観は季節や年月と共に変化していくことを念頭に置いておきましょう。

 

その②植物のお手入れすることはできません

樹木葬の敷地内にある植物の管理は管理者が行います。たとえ自分が契約した区画であっても、ガーデニングのように好きな樹木・草花を植えて剪定などのお手入れをすることはできません。

 

その③家族・親族に相談しましょう

樹木葬が注目されているとは言え、従来のお墓の概念は根強いものがあります。お墓参りの際、樹木に向かって手を合わせる、他の人も一緒に眠っている場所に手を合わせることに抵抗を感じる方もいます。お墓参りに来てくれる家族・親族がいる方は、契約の前にこの旨を相談しておきましょう。内緒で契約しても納骨を行ってくれるのは家族・親族です。

また、お墓参りの際にやはり抵抗を感じて新しいお墓を購入することになった場合、合祀されているとお骨を取り戻すことはできません。合祀タイプを希望している方はこの旨を伝えたうえで理解を得ましょう。

 

その④許可を得ている場所にしかお骨を埋葬することはできません

樹木葬ができるのならば自分の庭や故人が好きだった場所に樹木を植えてお骨を埋めたい、と思う方がいらっしゃるかもしれません。現在、樹木葬をしている霊園や寺院墓地は法律に基づいた許可を取得している土地です。樹木葬を行う場所はどこでも良いわけではなく、きちんと許可を取得した場所でないといけません。たとえ自分の敷地であってもお骨を埋めてしてしまうと、死体遺棄罪に問われることになります。絶対に行わないでください。

 

 

まとめ

今日は樹木葬の費用と樹木葬を検討するうえで注意したいことをご紹介しました。

樹木葬を検討するうえで注意したいことは、後悔がないよう契約をする前にもう一度ご自分の中で確認していただきたいです。特に、パンフレットの写真や実際に見学した時の樹木・草花の環境が整っていると、樹木・草花が本当の意味で生きていることを忘れそうになります。自然界に“絶対”はないのです。これらのことを正しく理解していただいたうえで、費用と比較しながら納得のできる樹木葬を選んでいただければと思います。

 

-お墓・お葬式
-

© 2021 みんなのあんしん終活ガイド Powered by AFFINGER5