お墓・お葬式

納骨堂とは?納骨堂が増えている理由・納骨堂の種類について解説

永代供養ができるお墓として納骨堂が注目されています。お墓というと屋外のイメージが強いですが、納骨堂は屋内の施設です。今は屋内のお墓は珍しいですが、これからは屋内のお墓が一般化する時代が来るのかもしれません。

 

今日は納骨堂の基本情報と納骨堂が増えている理由、納骨堂の種類をお伝えします。永代供養ができるお墓を探している方や屋内にあるお墓に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.納骨堂はどんなところ?

納骨堂は、個人や家族の単位でお骨を収蔵する屋内施設です。施設内にはたくさんのお骨を収蔵することができ、従来の先祖代々のお墓を一戸建てとするなら納骨堂はマンションに例えられます。昔の納骨堂はお寺の敷地内に建てられた施設で、お墓に納骨するまでのお骨の一時保管場所として使われていました。現在の納骨堂は一時保管ではなく、お墓のようにお骨をずっと収蔵する場所として使われています。

 

収蔵スペースのかたちによってロッカー式、仏壇式(霊廟型)、自動搬送式、墓石式に分かれます。収蔵できるお骨の数やお供え物を置く場所の有無などが異なります。この後の「納骨堂の種類」で詳しくお伝えします。

 

運営母体は大きく分けると3つあります。県や市町村の自治体が運営している公営納骨堂、宗教法人・財団法人・社団法人が運営している民営納骨堂、寺院が運営している納骨堂です。申込み時の条件や費用、収蔵スペースのデザイン性などに違いがあります。

 

こちら↓の記事では納骨堂のメリットなどについて解説しています。ぜひご覧ください。

納骨堂の良さを教えて!納骨堂のメリット8つを解説

 

 

2.納骨堂が増えている3つの理由

近年、納骨堂の数は増えています。それは納骨堂が現代の日本が抱える問題の受け皿となっているからです。納骨堂が増えている理由を3つご紹介します。

 

納骨堂が増えている理由①継承者がいなくても大丈夫

昨今の非婚化や晩婚化によって子供がいない人・夫婦が増えています。従来のお墓は継承者が必要ですが、納骨堂は永代供養にすることができるため継承者がいなくても大丈夫です。お一人様・夫婦・家族など人数に合わせて収蔵することができます。

 

納骨堂が増えている理由②墓地不足

都心では人口が集中しておりお墓を求める人が多いにも関わらず、無縁墓が増えてお墓を建てる土地が不足する“墓地不足”が深刻になっています。納骨堂は1つの施設で多くのお骨を収蔵できるため墓地不足の時代でも安心です。

 

納骨堂が増えている理由③アクセスの良さ

納骨堂は駅から徒歩圏内にあるなどアクセスが良い場所に建てられることが多いです。そのため、ご自宅から通うのに負担がない場所にお墓をさがしている方や公共交通機関だけで行くことができるお墓を探している方におすすすめです。

また、お墓が他県にある方や高齢になってお墓参りに行くのがつらい方の墓じまい先としても注目されています。

 

 

3.納骨堂の種類

お骨を収蔵するスペースの形態によって4つに分類できます。

 

納骨堂の種類①ロッカー式

ロッカー式は、ロッカーのように同じ大きさに区分けされた収蔵スペースに骨つぼを収蔵します。収蔵スペースの扉を開けてそのままお参りするタイプと、骨つぼを取り出して共有の礼拝スペースに置いてお参りするタイプがあります。

費用は抑えられますが、お供え物が置けないことや下段の収蔵スペースになったときに心理的な抵抗を感じる人もいます。

 

納骨堂の種類②仏壇式(霊廟型)

仏壇式は、お仏壇が並んだようなタイプで上段にお仏壇・下段にお骨の収蔵スペースがあります。上段にはご本尊・位牌・遺影写真・お花などのお供え物を置くスペースがあり、上段の扉を開けるとそのままお参りができます。

費用は高めですが、希望のお供え物を置いてご本尊やお骨に向かってそのまま手を合わせることができる満足感があります。

 

納骨堂の種類③自動搬送式

自動搬送式は、普段はバックヤードに収蔵されているお骨を共有のお参りスペースに自動で運び出してお参りします。バックヤードはコンピューター制御されており、ご遺族が持っている専用カードの情報を読み込んで故人のお骨を運んでいます。

お参りスペースには共有の墓碑があり、お墓に向かってお参りしている感覚で手を合わせることができます。また、お花やお線香が準備されているので手ぶらでお参りすることもできます。

機械のちからに頼っているため、機械の故障・停電になるとお墓参りができなくなるという心配があります。

 

納骨堂の種類④墓石式

墓石式は、室内に墓石を建てその中にお骨を収蔵します。一般のお墓と同じようにお花を供えて手を合わせることができます。屋外にあるお墓と同じようにも思いますが、室内という環境なので天候に左右されることなくお参りができたり、雨水でお墓が汚れる、雑草が生える心配がありません。

墓石を建てるため費用は高くなりますが、室内ならではの良さや自分が建てたお墓に入ることができるという良さがあります。

 

 

まとめ

今日は納骨堂の基本情報と納骨堂が増えている理由、納骨堂の種類をお伝えしました。

 

納骨堂の種類は4つあり、お骨を収蔵する環境も手を合わせる環境もそれぞれに違いがあります。大切なお骨をどのような環境で収蔵したいのか、お参りするご遺族がどのような環境で手を合わせたいのか、ご希望に合う納骨堂を探してみてくださいね。

-お墓・お葬式
-

© 2021 みんなのあんしん終活ガイド Powered by AFFINGER5