お墓・お葬式

お葬式の生前予約で事前に決めておけること&メリット・デメリット

お葬式を生前に予約しておける制度があることをご存じですか? ご自身の両親や親戚のお葬式で苦労をした人の中には、自分のお葬式では家族に迷惑をかけたくないと考える人もいるのではないでしょうか。

そこで今日は、お葬式の生前予約について事前に決めておけることやメリット・デメリットをご紹介します。自分のお葬式で家族に苦労をかけたくないと思う人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

お葬式の生前予約で決めておけること

お葬式の生前予約で決めておけるのは、次の項目です。

 

  • 葬儀の種類、規模、内容
  • 葬儀の金額
  • 支払い方法

 

葬儀社によっては葬儀の予約だけでなく、次の段階まで済ませておくケースもあります。

  • 予約と同時に支払いまで済ませておく(生前契約)
  • 墓地にまつわる契約まで済ませておく
  • 葬儀の費用を信託銀行に預けておく

 

契約の内容や生前に済ませる部分などは葬儀社によって異なりますので、1社ではなく複数の会社について調べてみるのがオススメです。

 

また生前予約に関する希望をエンディングノート(※)にまとめてから葬儀社を探すことで、理想の葬儀社を見つけやすくなります。

※エンディングノートとは……終活のために作成するノートのこと。「終活ノート」とも呼ぶ

 

葬儀やお墓に関する希望のほか、生前予約をする時点でどこまで済ませておきたいかを考えノートにまとめておけば、あとはその希望に合う葬儀社を探すだけです。

 

お葬式の生前予約を考えている人は、問い合わせる前にぜひご自身の希望についてもじっくり考えてみてくださいね。

 

 

生前に予約しておくことで得られるメリット3選

続いて、お葬式の生前予約で得られるメリットをご紹介します。

 

生前予約の主なメリットは、次の3つです。

メリット1.自分の希望通りに葬儀をしてもらえる

希望通りの葬儀をしてもらえることは、生前予約の最も大きなメリットといえるでしょう。

 

先ほどもお伝えしたように、お葬式の生前予約では葬儀の内容を事前に取り決めておけます。

 

例えば

  • 葬儀で流してほしい音楽
  • 遺影に使ってほしい写真
  • 葬儀を行う会場

などは、一般的に遺族が決めることです。

 

しかし生前予約をしておけば、故人の希望通りに葬儀を進行してもらえます。

メリット2.遺族の負担を減らせる

2つ目のメリットは、遺族の負担を減らせることです。

 

葬儀にまつわるさまざまな事柄を事前に決めておけることは、本人だけでなく遺族にとっても大きなメリットとなります。というのも、お葬式は思いのほか決めることが多いからです。

 

遺族が決めなければいけないことを具体的に挙げると、こんなものがあります。

 

  • どこの葬儀社に依頼するか
  • どんなお葬式にするか(規模や種類など)
  • お葬式には誰を呼ぶか
  • 通夜や葬儀後の食事をどうするか

 

通夜や葬儀をいつまでも先延ばしにはできないため、こういった事柄に関する決断を遺族は早急に迫られるのです。

 

これらを決める作業は、時間に余裕があればさほど大変なことではないでしょう。しかし実際は限られた時間の中で決めなければいけないため、遺族は思いのほか大変な思いをします。

 

一方お葬式の生前予約をしておけば、こういった細かいことを遺族が決める必要はありません。あらかじめ決まっている通りに葬儀社が進めてくれるため、遺族は故人とゆっくりお別れできるのです。

メリット3.費用を抑えられる可能性がある

お葬式の費用を抑えられる可能性があることも、生前予約のメリットです。

 

生前予約が可能な葬儀社では、生前予約ならではの割引を用意している会社が少なくありません。また時間をかけてゆっくりと葬儀社を選べることでも、費用を抑えられる可能性が高まります。

 

お葬式の費用をなるべく抑えたいと考えている人は、なるべく多くの会社を比較してみるとよいですよ。

 

 

お葬式を生前に予約しておく場合のデメリット3選

お葬式の生前予約には、デメリットもあります。

 

生前予約における主なデメリットは、次の3つです。

デメリット1.契約内容によってはキャンセル料がかかる

契約内容によってはキャンセル料がかかるため、お葬式の生前予約をする際には注意しなければいけません。

 

お葬式は他のイベントと違い、いつ実行するかが分からないものです。そのため生前予約をしてから実際にお葬式をするまでに、十年以上の月日を要する可能性があります。

 

それだけの月日がたてば、その間に予約内容を変更したくなったり別の葬儀社にお願いしたくなったりする可能性もありますよね。しかしお葬式の生前予約をすると、取り消す場合にキャンセル料がかかるケースもあるのです。

 

いつ実行するか分からないからこそ、お葬式の生前予約をする際はキャンセル料についてしっかり確認しておいてくださいね。

デメリット2.家族に反対される可能性がある

2つ目のデメリットは、家族に反対される可能性があることです。

 

反対される理由としては、例えば「縁起でもない!」と怒られたり、家族と本人でお葬式やお墓に関する希望が異なったりすることなどが考えられます。

 

ただしこれらについては、事前にしっかりと話し合っておくことで回避できるかもしれません。

 

そもそも意見が衝突するのは、お互いのためを思っているからこそではないでしょうか。お互いに納得してお葬式の準備に臨めるよう、生前予約を進める前には家族としっかり話し合っておくことをオススメします。

デメリット3.葬儀社が倒産するリスクを伴う

お葬式の生前予約は、契約した後に葬儀社が倒産するリスクを伴います。

 

特に注意が必要なのは、事前に入金をする場合です。

 

生前予約に手付金や前払い金の支払いが必要な場合、葬儀社の倒産により支払ったお金が戻ってこない可能性もあるため注意しなければいけません。

 

お葬式の生前契約に入金が伴う場合は、葬儀社側に何かあった場合の保障についても確認しておくと安心ですよ。

 

 

まとめ

今日は、お葬式の生前予約について事前に決めておけることとメリット・デメリットを3つずつお伝えしました。

 

生前予約にはメリットもありますが、デメリットもあります。特に入金後のトラブルについては大きな問題に発展する可能性があるため、契約する前には契約内容を十分にご確認ください。

-お墓・お葬式
-,

© 2020 みんなのあんしん終活ガイド Powered by AFFINGER5